カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「3Gでブロードバンドは厳しい」、東芝とノーテルがモバイルWiMAX基地局を共同開発へ

YAMAHA(ヤマハ)製ブロードバンドVoIPルーター■RT57i (ISDN対応)【連続SA0521】
 東芝とカナダのノーテルネットワークスは5月18日、モバイルWiMAX用の基地局の共同開発に関して提携すると発表した。今秋予定される総務省によるWiMAX事業者への2.5GHz帯無線免許の交付を見据え、2007年第3四半期中に両社で小型基地局を開発、実証実験を実施した後、2008年初頭より本格的な製品展開を図っていく。

 IEEE 802.16e規格のモバイルWiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、移動体通信と親和性の高い次世代の高速無線技術として注目されている。東芝は、WiMAXが採用する変復調技術、OFDM(直交周波数多重変調:Orthogonal Frequency Division Multiplexing)やMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)技術の開発に実績があり、海外で多くの販売チャンネルを持つノーテルネットワークスと組むことで、WiMAX関連ビジネスの海外展開の足掛かりとしたい考え。

最新データ通信情報は・・・データ通信 人気ブログランキング




 東芝とノーテルは、互いに得意とする技術を持ち寄り、家屋の密集地帯に適した、小型で低消費電力の基地局を開発する。具体的には、東芝が基地局の「高周波」部、ノーテルが「デジタル」部という形で開発を分担。高周波部で東芝は送信用増幅器(アンプ)の電力効率を向上させる技術、デジタル部でノーテルはOFDMの技術ノウハウを投入して、WiMAX基地局では難しいとされる小型化、低消費電力化を実現する。さらに、MIMOの技術を生かしてデータ通信容量を増やすことで、従来よりも少ない基地局で広いエリアをカバーできるようになるという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


☆ 信乃助EX



◆データ通信 関連ブログ記事
ネットスター、財団法人日本データ通... - AV女優・アダルト・出会い系最新情報... (5月26日8時53分)

懐かしのデータ通信カード - き・さす?(Quizas?) (5月24日2時1分)

不具合・・・データ通信 - 好き!欲しい!集めたい! (5月24日1時5分)

ケータイ新規参入者を“伝説の騎士”... - 千代田丸の備忘録 (5月24日15時17分)

流出 ネットについて - 流出について (5月23日23時45分)

・【リリース・電気機器】三菱電機、無... - 低金利キャッシングの攻略法!銀行系... (5月26日7時19分)

・x-w.jp その2 - 一言物申す! (5月26日5時51分)

・温泉 狩猟 県について - 温泉について (5月26日5時28分)


スポンサーサイト

2007年05月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。