カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“2.5GHz帯でWiMAX”は諦めない──KDDIの小野寺社長

TM-V71/V71Sに対応します!PG-5H ケンウッド(KENWOOD) PCインターフェースケーブルキット
 KDDIの小野寺社長が定例会見で、総務省の2.5GHz帯割当方針案に対する考えを述べた。パブリックコメントで自社の考えを伝えるとともに、単独でWiMAXを展開できなかった場合に備えて準備も進めているという。

 KDDIの小野寺正社長は6月13日、定例会見で総務省の2.5GHz帯割り当て案に対する考え方を述べた。総務省の割当案方針は「3G移動通信事業者や、3G移動通信事業者が3分の1以上の議決権を保有するグループ会社以外のものに割り当てる」というもので、既存の3Gキャリアの単独参入は難しいのが現状だ。

 同社は2.5GHz帯でのWiMAX参入を計画しており、小野寺氏は「KDDI単独で事業を展開したいと考え、その方向で準備を進めていただけに残念」とコメント。6月15日まで総務省が募集しているパブリックコメントで、同社の考えを伝えるとした。

最新データ通信情報は・・・データ通信 人気ブログランキング




 ただ、「KDDI単独でやれることに一縷の望みを持っている」(小野寺氏)としながらも、それが叶わなかった場合の対策も進めているという。総務省の割当案では、“出資比率が3分の1以下”という条件で、既存3Gキャリア参入の余地も残しており、この条件下での参入も検討している模様だ。

 「3分の1以下の出資に抑えられた場合、どういう形でやるのかはまだ決めていないが、(その場合でも)KDDIが全体をまとめていかないとまずいだろうと思っている。合弁会社の弱点は、主導権がはっきりしないところで、意志決定が遅れるところ。われわれとしては、KDDIが主導権を持ってWiMAXを運用できる形を考えていきたい」(小野寺氏)

 また、「出資比率が3分の1以下の合弁会社で主導権が取れるのか」という質問については「KDDIは、技術開発力や経験が圧倒的に強い...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


SDS-200A USB接続200MHzデジタルストレージオシロスコープ



◆データ通信 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


タグ:
スポンサーサイト

2007年06月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。