カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

米アップル、新しいMac OS X Server Leopardは250以上の新機能を搭載

Louisvill / DRUM:KAN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000011-rbb-sci
 米アップルは11日(現地時間)、米国サンフランシスコで開催されているWWDC(Worldwide Developers Conference)において、「Mac OS X Server」の最新版であるバージョン10.5「Leopard」の機能を発表した。新機能としてiCal ServerやWiki Server、Spotlight Serverといったサーバ機能が追加される。オンラインショップであるApple Storeや、アップル直営店などにて発売。価格は499ドル(10クライアントエディション)または999ドル(無制限クライアントエディション)で、10月出荷予定。

記事詳細はこちら

 Mac OS X Server v10.5 Leopardは、アップルのUNIXサーバオペレーティングシステムの6番目となるメジャーリリース。

最新wwdc情報は・・・wwdc 人気ブログランキング


コアサービスであるApache 2/MySQL 5/Postfix/Cyrus/Podcast Producer/QuickTime Streaming Serverは64ビットアプリケーションで、Leopard Serverは32ビットと完全互換であるため、32ビットと64ビットのアプリケーションを同時に動作させることができる。

 カレンダープラットフォームには、オープンスタンダードであるCalDAVをベースにした新しいiCal Serverを採用し、LeopardのiCal 3、MozillaのSunbirdそしてOSAFのChandlerといった主要なカレンダープログラムとの連携を可能とした。また、アップルのディレクトリサービスを使用することで、組織内の人を検索したり、コンタクト情報/ピクチャ/同僚/グループ/ロケーションマップなどを見ることもできる...

ニュースの続きを読む


【CD】SAVE THE WORLD/drumkan






◆wwdc 関連ブログ記事
「Parallels Server」は「Xserve」の... - レーシックの失敗と治療方法検証サロ... (6月20日15時0分)

WWDC07基調講演:ヒョウよりも早く(... - 発毛、育毛の悩みを解決しよう (6月20日14時2分)

iPhone向けウェブサイト作成に関する... - 気になる、記になる… (6月20日9時59分)


スポンサーサイト

2007年06月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。