カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Ruby1.9は継続と“Fiber”をサポート

東芝 dynabook Qosmio F30/85A PQF3085ALP
 RubyKaigi2007レポート(前編)に続いて、RubyKaigi2007で明らかになった技術的な内容についてもお伝えしよう。

 次世代のRuby処理系「Ruby1.9」開発の中心人物である笹田耕一氏は、「Ruby1.9実装の現状と今後」と題して講演し、「Ruby1.9は、今年(2007年)12月に出る」とスケジュールを改めて確認した。過去のRuby処理系のリリースは予定通りに出ないことが通例だったが、この「2007年12月」というスケジュールは、2006年8月に開催された軽量言語に関するイベント「Lightweight Language Ring」の場で公表されて以来、何回か強調されている。開発メンバーたちが自分自身に言い聞かせるための念押しなのかもしれない。



「ちょっと品質が悪くても、1.9.1を2007年12月25日にリリースする」(笹田氏)。バグが取れた処理系を使いたい開発者には、現行の安定版であるRuby1.8.6の利用を勧めている。

 Ruby1.9の主な変更点は、新たな仮想マシン(YARV)の導入、多言語対応(M17N:Multilingualization)、言語仕様の一部変更、である。現行のRuby1.8系とは完全互換ではないものの、比較的互換性があるという。Ruby on Railsも、Ruby1.9の上で「数行を手直しする程度で動作した」(笹田氏)としている。

 現行のRubyインタプリタは構文木をそのまま実行する形式のインタプリタだが、Ruby1.9では、中間言語をスタック・マシンで実行する仮想マシン・アーキテクチャを導入することにより処理を高速化する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


[在庫あり] 【アウトレット】ホイールを左右に傾けるだけで、横スクロールもらくらく操作。...



◆アプリケーション 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。